ウーバー社、米連邦取引委員会に22億円支払いへ


ウーバー社は、ドライバーの募集に際し、年収900万円などと表示していたことが誇大広告に当たるとして米連邦取引委員会から提訴されていたが、同委員会に22億円を支払うことが確定した。 委員会は、ウーバーの自動車ローンプログラムについても、過大に安く表示されていると指摘している。 決定では、22億円の支払命令の他に、ドライバーの収入、及び自動車ローンやリースプランについても虚偽の宣伝をしないよう明記された。

https://www.ftc.gov/news-events/press-releases/2017/01/uber-agrees-pay-20-million-settle-ftc-charges-it-recruited

Featured Posts
Recent Posts
Archive