配車サービス「Uber」(ウーバー)ドライバーの劣悪な労働環境

2017年9月30日開催のシンポジウムが週刊金曜日に掲載されました。

「世界84カ国632都市で利用されているライドシェアサービス「ウーバー」。しかしその裏にはドライバーの過酷な労働の実態があると、米国の元ウーバードライバー、ディオジェネス・カラスコさんと、支援団体ニューヨーク・タクシーワーカーズアライアンス代表のバイラビ・デサイさんなどが、都内で開かれた集会で訴えた。」

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/10/20/antena-101/

Featured Posts
Recent Posts
Archive